レンジローバースポーツSVRとは

レンジローバースポーツSVRはランドローバー社の高級スポーツSUV「レンジローバースポーツ」の最上級グレードです。エンジンはスーパーチャージャー付き5.0リッターV8で、前期モデルは550馬力、後期は575馬力を発揮します。スポーツカー並みの運動性能に加え、レンジローバースポーツの高い走破性はそのままというオールマイティなSUVです。

レンジローバースポーツSVRの中古車を勧める理由

レンジローバースポーツSVRは年間生産台数が少なく、新車をオーダーしてから納車まで半年前後掛かってしまいます。オプションが非常に少ないグレードなので、中古車を選んでも装備で妥協することは滅多にないでしょう。メインで使用している方が少ないため、多くの中古車は走行距離が短めです。

レンジローバースポーツSVRのメリットとデメリット

レンジローバースポーツSVRは、通常のレンジローバースポーツと比べてバンパーやマフラー、ホイールが変更されています。特にマフラーは4本出しになっており、SUVとは思えないほど主張しています。アメリカンマッスルカーのように、アイドリング時もドロドロと音を立て、アクセルを踏み込めば地響きのようなサウンドが室内に入ってきます。スポーツカーとSUVが欲しいけど、どちらかしか選べない方には最適な車ではないでしょうか。

その獰猛なサウンドが逆にデメリットになることがあります。ドイツ製のスーパーカーと変わらないほど音が大きいため、住宅が密集している場所に住んでいる方にはお勧めできません。一部高級スポーツカーにあるサイレントモードが存在しないため、静かに走行したい方には不向きです。

レンジローバーの中古車は、海外の性能が良いオフロードタイプの車種を好む人の間で根強い人気があります。